WordPress で直接音声認識入力をする方法

目安時間:約 5分

WordPress で音声認識入力をする方法

Google ドキュメントやiOS の音声認識機能を使って、音声入力をする方法をご紹介しましたが、

その場合Google ドキュメントやiPhone のメモ帳に入力したテキストをいちいち WordPress にコピペしないといけないので、結構面倒なんですよね。

 

もっと簡単にするために、

WordPress にダイレクトに音声入力することができないか調べてみました。

 

その方法をご紹介しますね。

iPhone の場合

 iPhone  の場合をご紹介します。

 

 iPhone の場合は WordPress のアプリを使うと簡単です。

 

 Apple Store の検索から WordPress と入力して検索します。(「ワードプレス」でもOKです)

 

 WordPress の「入手」を押して iPhone にインストールします。

 

 

 

インストールしたら次はログインです。

 

ログイン方法はメールアドレスを入力する方法や Google アカウントで入力する方法がありますが

私の場合は面倒くさかったのでいつもの WordPress のアカウントでログインをしました。

 

その場合、

または、サイトアドレスを入力してログインしてください。」をタップします。

 

 

 

自分の WordPress のサイトの URL を入力して「次へ」をタップします。

 

 

 

WordPress サイトの「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「次へ」をタップします。

 

 

 

「次へ」をタップしてログインします。

 

 

下の方にある、記事を追加するマークをタップします。

 

 

 

記事投稿画面になりますので、下の方のマイクのマークをタップして音声入力にします 。

 

 

何かしゃべれば、声に合わせて波形グラフが反応し、テキストが入力されます。

 

 

 

パソコンでログインして、確かめてもちゃんと入力されています。

 

 

 

パソコンの場合

次はパソコンでワードプレスに音声認識入力をする方法をご紹介します。

 

パソコンの場合はプラグインを使います。

 

Speech to text」というプラグインです。

 

 

 WordPress ブログにログインして左のメニューから「プラグイン」を選択して新規追加をクリックします。

 

 

 

プラグインを新規追加する検索窓に 「Speech to text」と入力して検索します。

 

検索されたら「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

 

 

インストールされたら「有効化」をクリックして有効化します。

 

記事の投稿画面に行くと、記事入力画面の下に「 Speech to text 」が有効化され表示されています。

 

マイクのマークをクリックすれば音声入力が可能になります。

 

 

マイクのマークが赤く反転した状態なら音声入力可能ですから、何か喋ります。

 

 

 

テキストが入力されます。

 

 

ただし、このプラグインの場合、テキストがカーソルの位置に入力されず、記事入力画面の一番最後に入力されるので、 記事の途中へ入力できません。

 

コピペの必要がある点が不便です。

 

ただ、やはり音声入力をすることによって キーボードを使わないため全く手が疲れません。

 

それが大きなメリットですし、入力が億劫ではないのでどんどん入力できていきます 。

 

私は、これからケースバイケースで音声入力はどんどん使っていこうと思います。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

かわやす

副業アドバイザー:かわやす
詳しいプロフィール

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
↓ランキングクリックよろしくお願いします
Analytics