音声入力をGoogleとiPhoneでやる方法

目安時間:約 4分
Googleドキュメント 音声入力オン認識

最近は音声入力でもかなり精度が上がってきています。

 

私のようにタイピングが苦手な人間でも、音声入力ならかなりの速度で記事を書くことができます。

 

ですので今回は音声入力を使って記事を書いていました。

 

音声入力の導入の仕方

パソコンの場合

Googleドキュメントを使用

まずは、Googleドキュメントのサイトへアクセスします。

  ↓

https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

 

Googleドキュメント選択

 

 

メニューの「ツール」→ 「音声入力」を選択。

Googleドキュメント ツール

 

 

マイクのマークをクリックします。

Googleドキュメント 音声入力

 

 

マイクのマークが赤く反転します。

Googleドキュメント 音声入力オン

 

 

文章を話せばテキストにされます。

Googleドキュメント 音声入力オン認識

 

※改行や「。」「、」等の入力は現時点でできませんので、修正しながらキーボードで行います。

 

iPhoneの場合

iOS音声入力を使用

まずは、音声入力できるように設定が必要です。
※デフォルトで設定されているんじゃないかと思いますが。

 

ホームの画面の「設定」をタップ

iphone 設定

 

 

 

「一般」をタップ

iphone 一般

 

 

 

「キーボード」をタップします

iphone キーボード

 

 

「音声入力」をオンにします

iphone 音声入力 ON

 

 

 

設定が終わったら、例えばメモ帳で音声入力をしてみます

 

iphone メモ

 

 

入力画面になったら、音声入力のマイクをタップ

iphone 音声入力選択

 

 

 

実際にしゃべれば、声に合わせて波形グラフが反応し、テキストが入力されます。

 

iphone 音声入力

 

句読点や書式設定のコマンド一覧

ちなみに、「。」や「、」等の入力は以下の表を参考にしてください。

 

句読点や書式 発音
まる
てん
スペース タブキー
改行 かいぎょう
( ) かっこ/かっことじる
「 」 かぎかっこ/かぎかっことじる
? はてな/くえすちょんまーく
! びっくりまーく
. ぴりおど
なかぐろ
スラッシュ
¥ えんまーく
まるいち

 

誤認識もありますが、おおよそ入力できます。

 

まとめ

今回は、パソコンはGoogleドキュメント、iPhoneはiOSで音声入力する方法を取り上げてみました。

 

これらの方法は、一旦コピーして、WordPressの記事編集画面でペーストする必要があります。

 

WordPressで直接音声入力できる方法がないか調べてみます。

 

いい方法がありましたら、またご紹介しますね。

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

かわやす

副業アドバイザー:かわやす
詳しいプロフィール

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
↓ランキングクリックよろしくお願いします
Analytics