【Classic Editor(クラシックエディター)】ワードプレスのブロックエディタをもとに戻すプラグイン

目安時間:約 3分

WordPressのバージョンアップしてますか?

私は最近までしてなかったんですが

 

なんでバージョンアップ
してなかったかというと

 

記事投稿に使うエディタが
新しいバージョンにすると

 

ブロックエディタ
というのになって

使いにくそうだったから。

 

ec-block-editor

 

慣れればいいんでしょうけど
歳のせいか

 

なんか
今更操作を覚えるのが
面倒くさいというのがあって

 

ズルズル
ここまで来たんですよね 笑

 

結局のところ
Classic Editor(クラシックエディター)
というプラグインをインストールすれば
解決なんですけど

 

面倒くさいが
先に立ってしまって。。。

 

そこで今回

ワードプレスのブロックエディタを

もとに戻すプラグイン

 

Classic Editor(クラシックエディター)

をインストールしてみました。

Classic Editor(クラシックエディター)のインストール

ダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」をクリック

 

新規追加

 

 

プラグインの検索窓に「Classic Editor」と入力して、

検索できたら「今すぐインストール」をクリック

 

 

 

インストールできたら「有効化」をクリック

 

それから

WordPressのバージョンアップ

で「今すぐ更新」をクリックします。

 

※「Classic Editor」をインストールする前に

WordPressのバージョンアップを行うと

真っ白になることがありますので注意してください。

 

 

 

 

そして記事の投稿画面は

もとのような仕様になっています。

 

  

これで解決です。

 

早くやればよかった 笑

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

かわやす

副業アドバイザー:かわやす
詳しいプロフィール

最近の投稿
よく読まれている記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
↓ランキングクリックよろしくお願いします
Analytics